1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜F・マリノス
  5. シーズンチケット払い戻し不可避 県内J「経営に打撃」

新型コロナ
シーズンチケット払い戻し不可避 県内J「経営に打撃」

横浜F・マリノス | 神奈川新聞 | 2020年4月24日(金) 05:00

中断期間の長期化を受けて、川崎はシーズンチケットの払い戻しを検討している=2019年11月、等々力
中断期間の長期化を受けて、川崎はシーズンチケットの払い戻しを検討している=2019年11月、等々力

 Jリーグが公式戦再開に向けて無観客試合の検討に入ったことで、県内クラブは開幕前に販売したシーズンチケットの払い戻しを含めた対応を避けられなくなった。今後の日程が不透明な上、23日には村井満チェアマンが「この段階に来れば(無観客試合を)想定しないといけない」と発言。2月下旬の中断から2カ月、猛威を振るう新型ウイルスは熱狂的なサッカーファンの“指定席”まで脅かす事態となっている。

 同日に開かれた日本野球機構(NPB)との合同会議後、村井氏は「地域によって状況に差がある」とした上で無観客試合の可能性にも言及。既に払い戻しを検討していた各クラブの対応にも影響を与えそうだ。

 川崎は15日に公式サイト上で「検討中」と発表。リーグが当初、感染拡大防止策として示した「収容率50%以下」の指針通りに開催すれば、本拠地の等々力陸上競技場(約2万5千人収容)に年間チケットホルダーが入りきらなくなるからだ。

 無観客試合となれば、事態はさらに深刻だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング