1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 横浜F・マリノス
  5. J開幕 神奈川注目の五輪世代 横浜M・MF遠藤渓太

J開幕 神奈川注目の五輪世代 横浜M・MF遠藤渓太

横浜F・マリノス | 神奈川新聞 | 2020年2月23日(日) 05:00

 サッカーの明治安田生命J1リーグは21日に開幕し、神奈川からは13年ぶりに昇格した横浜FCを加えた4クラブが熱戦を展開する。マリノスは15年ぶりのリーグ制覇を支えた主力がほぼ残留。3年目のアンジェ・ポステコグルー監督の下、完成度が高まった「アタッキング・フットボール」で初のアジア制覇も視野に入れる。タイトル争いはもちろん、今夏に迫った東京五輪の代表候補たちの活躍も見逃せない。


MF・遠藤渓太
MF・遠藤渓太

「悔しさ乗り越え強くなれる」

 今季はチャンピオンチームとして他クラブの挑戦を受ける立場の横浜M。MF遠藤渓太は自らに「圧倒的なパフォーマンス」を課している。

「この風景を見るために」 FW仲川、苦労糧に成長

 ユースから昇格4年目の昨季は、サイドからの積極的な仕掛けに勝負どころでの決定力が加わり、自己最多の7得点をマーク。15年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、有力な外国人選手が加入した夏場以降は結果を出してもチーム内の序列が変わらず、もがき苦しんだ。

 それでも「悔しさを乗り越えて強くなれる」と前を向けるメンタリティーがある。12日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の全北戦。先発起用に応え、全2得点に絡む活躍でポステコグルー監督に猛アピールした。

 ルーキーイヤーから東京五輪世代の代表で活躍してきた22歳にとって、今夏に迫った大舞台への思い入れは強い。1月のU─23(23歳以下)アジア選手権は出場機会を得られず、代表入りへは「やれるだけのことをやって選ばれなかったら仕方がない」と悲壮感をにじませる。

 現状打破へ、マリノスでも代表でも求められるものは変わらない。「去年以上の結果を残し続けて、『こいつを使わないと』って思わせたい。それが今のモチベーション」


横浜Mの2020年シーズン試合日程
横浜Mの2020年シーズン試合日程

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

横浜F・マリノスに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング