1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. Jリーグ
  5. 無観客で試行錯誤 一体感どう生み出す

リスタートJ1(下)
無観客で試行錯誤 一体感どう生み出す

Jリーグ | 神奈川新聞 | 2020年7月3日(金) 15:00

 スタジアムが感染源となることを防ぐため、Jリーグは無観客の「リモートマッチ」で再スタートを切った。県内クラブも入場料収入減という課題に直面する中、試合に来場できないファン、サポーターの思いを届けようと新たな試みに取り組んでいる。


等々力陸上競技場の座席に設置される「桶(オーケ)ストラシート」=クラブ提供
等々力陸上競技場の座席に設置される「桶(オーケ)ストラシート」=クラブ提供

 2010年から川崎浴場組合連合会と協力して銭湯の利用促進キャンペーンを行ってきた川崎は、4日の鹿島戦で「桶(オーケ)ストラシート」を設置。購入者の写真が貼られた水色の桶をスタンドに掲出できる権利を1個3000円で販売した。クラブの担当者は「こういう状況だから、新たな収益を考えていかないといけない」と話し、専用アプリを通して手軽に寄付できる“投げ銭”も初めて導入予定だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

Jリーグに関するその他のニュース

Jリーグに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング