1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. Jリーグ
  5. 県内J6クラブ 医療従事者にエールの横断幕掲出へ

新型コロナ
県内J6クラブ 医療従事者にエールの横断幕掲出へ

Jリーグ | 神奈川新聞 | 2020年6月12日(金) 23:18

県が作成した横断幕を手にする村井満チェアマン(右から4人目)ら=県庁
県が作成した横断幕を手にする村井満チェアマン(右から4人目)ら=県庁

 Jリーグの村井満チェアマンと県内6クラブの代表者らが12日、県庁を訪れ、今季の公式戦を6月下旬から段階的に再開する方針を黒岩祐治知事らに報告した。村井チェアマンは「神奈川は(リーグにおいて)一大勢力。PCR検査を定期的に行いながら、万全の態勢で試合に臨んでいく」と述べ、理解を求めた。

 同席した横浜Mの黒沢良二社長は「神奈川を(サッカーで)元気にすることを目標に取り組んでいきたい」と語り、黒岩知事は「(神奈川は)あらためてサッカー王国だと感じた。(新型コロナウイルスで)つらい状況ではあるが、県を挙げてみんなで応援していく」と激励した。

 県側は、医療従事者に感謝のメッセージを送るため、公式戦を行う県内5カ所のスタジアムに「新型コロナと闘う医療・福祉従事者の皆様にありがとう」と記した横断幕を掲出するよう提案。同チェアマンは「ぜひ活用したい」と応じていた。

Jリーグに関するその他のニュース

Jリーグに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング