1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 川崎フロンターレ
  5. 新時代到来の予感 フロンターレ躍進

【Jメモリーズ】(6)1993年-2020年
新時代到来の予感 フロンターレ躍進

川崎フロンターレ | 神奈川新聞 | 2020年5月17日(日) 19:00

「同じ方向を見て走ってきた結果」


リーグ2位へ躍進したチームをけん引したジュニーニョ(左)と谷口博之=2006年4月、等々力
リーグ2位へ躍進したチームをけん引したジュニーニョ(左)と谷口博之=2006年4月、等々力

 ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の惨敗で日本サッカー界が沈んでいた2006年。J1昇格2季目で2位に躍進した川崎の戦いは新時代の到来を予感させた。

 加入4年目で不動の司令塔に成長した中村憲剛のパスに反応し、ブラジル人FWジュニーニョ、生え抜きストライカーの我那覇和樹らが鮮やかにネットを揺らす。平均2・5得点の破壊力でリーグを席巻した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

Jリーグに関するその他のニュース

川崎フロンターレに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

サッカーに関するその他のニュース

アクセスランキング