1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 空手道ネット大会挑む 横浜創学館 志村、江尻

再起へ コロナ禍のスポーツ界
空手道ネット大会挑む 横浜創学館 志村、江尻

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年6月17日(水) 12:11

「最後にいい形打ちたい」 感謝胸に集大成へ

 全国高校総体(インターハイ)中止を受け、代替開催が決まった空手道個人形のインターネット大会に、神奈川県内12校から男子16人、女子10人が挑む。「やり残したことがある」とは昨夏のインターハイを経験した横浜創学館の志村珠妃、江尻光。コロナ禍に翻弄(ほんろう)された無念さ、支えへの感謝…。全てを込めて最後の“夏”に向かう。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング