1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「冬」信じて再始動 桐光学園高男子バスケ部

再起へ コロナ禍のスポーツ界
「冬」信じて再始動 桐光学園高男子バスケ部

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年6月11日(木) 11:00

引退の仲間 思い共に


久しぶりに体育館での感触を確かめるキャプテンの小田
久しぶりに体育館での感触を確かめるキャプテンの小田

 今春の関東新人大会で県勢初の単独優勝を果たした桐光学園高男子バスケットボール部が、再び全国へ走り始めている。夏の全国総体(インターハイ)中止を受けて競技を断念した3年生もおり、残った選手は新たな思いで一歩を踏み出した。

 いつ終わるとも知れぬ活動自粛の長いトンネル。不安、焦り、そしてプレーへの渇望。主将のガード小田光太(3年)は「せめて自分の力を伸ばせる期間に」と、夕方に空くという自宅近くのバスケットゴールリングのある公園で練習した。

 西福岡中(福岡)時代に全国優勝を経験。卒業後は先に上京していた兄・悠太さんの背中を追い、遠く離れた神奈川への越境入学を選択した。運動量豊富にコートを駆け回る桐光の「走るバスケに引かれた」といい、応援する母と一緒に引っ越して兄と3人で暮らす。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング