1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 部活動再開 防げ卓球クラスター 「密」回避の指導提案 

再起へ コロナ禍のスポーツ界
部活動再開 防げ卓球クラスター 「密」回避の指導提案 

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年6月1日(月) 11:25

屋内競技である卓球。大会開催の前提として、部活動の安全な形での再開が求められる=2018年6月、県高校総体から
屋内競技である卓球。大会開催の前提として、部活動の安全な形での再開が求められる=2018年6月、県高校総体から

 未曽有のウイルス禍での部活動再開を控え、県内の学校現場では新たな指導のあり方を模索する動きが広がっている。横浜隼人中高女子卓球部の岸昌宏顧問(41)は密閉、密接が懸念される屋内競技の課題を踏まえつつ、県教育委員会のガイドラインの下で可能な練習方法を提案。県高体連などとも議論を深め、安全性と競技力向上の両立につなげたい考えだ。

部活再開、指針に特例も 県教育長「3年生の思い実現を」

 6月1日からの学校再開に向けて県教委がまとめた指針では、部活動について「時差通学・短縮授業」が始まる同29日から5段階に分けて活動時間や内容の制限緩和を示している。

 岸顧問の私案は、県教委や日本卓球協会のガイドラインに準拠しており、活動再開から1週間程度はサーブ練習を基本とし、卓球台1台につき2人までに制限している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

部活動に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング