1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「まるで本物のフロンターレ」 選手らがeスポーツで熱戦

新型コロナ
「まるで本物のフロンターレ」 選手らがeスポーツで熱戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年5月31日(日) 05:00

30日に配信された1次リーグの様子
30日に配信された1次リーグの様子

 新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者支援を目的とするeスポーツ大会の様子が30日、インターネットで配信された。J1横浜Mの遠藤渓太や横浜DeNAの上茶谷大河ら県内のスポーツチームに所属するアスリートたちがサッカーのビデオゲームで熱戦を繰り広げた。

 この日は参加15チームが5組に分かれて争う1次リーグの様子を公開。有料メッセージ機能を使った視聴者からは次々と声援が寄せられた。

 発起人のJ1湘南を代表して出場した梅崎司は、J1川崎の旗手怜央に0─3で敗れるなどして1次リーグ敗退。梅崎は「完全に力の差があった。本物のフロンターレを見ているようだった」と残念がった。

 企業の協賛金や視聴者からの寄付金、チャリティーオークションの売り上げは県が創設した「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」へ送る。決勝トーナメントの模様は31日に配信される。

新型肺炎に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング