1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県中学総体は「慎重に検討」 予選実施も見通せず 

新型コロナ
県中学総体は「慎重に検討」 予選実施も見通せず 

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年4月29日(水) 05:00

昨年の全国中学校体育大会で柔道男子73キロ級を制し、団体でも準優勝に輝いた東海大相模中・木原(左)=2019年7月、県中学総体から
昨年の全国中学校体育大会で柔道男子73キロ級を制し、団体でも準優勝に輝いた東海大相模中・木原(左)=2019年7月、県中学総体から

 全国中学校体育大会(全中)中止を通達された県中体連は28日、7月に開幕する県中学校総合体育大会の開催可否について「(全中の)中止を踏まえ、慎重に検討していく」とした。

インターハイ史上初の中止 失われた集大成の場
神奈川県高校総体も中止 県高体連「3年生思うと切ない」

 4月の全公式戦を取りやめており、5月以降に予定される県中総体地区予選などの実施も見通せない状況が続いている。

生徒ショック「実感が湧かない」

 中学生にとって晴れ舞台となる今夏の全国中学校体育大会(全中)が、中止の運びとなった。

 放課後になれば活気にあふれる校庭は静まりかえったままだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング