1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「試合なくても…」 SNSでつながる〝パス〟世界を巡る

「試合なくても…」 SNSでつながる〝パス〟世界を巡る

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年4月16日(木) 09:44

 新型コロナウイルスの影響でサッカーの公式戦延期や中止が相次ぐなか、ツイッター上の「#FootballClubChallenge」というハッシュタグが世界中のファンの間で話題になっている。その波は県内にも届いており、J1横浜Mや川崎が同様のタグ付きで投稿するなど広がりを見せている。会員制交流サイト(SNS)内でつながる“パス”の行方を追った。


横浜Mの「#FootballClubChallenge」投稿画面
横浜Mの「#FootballClubChallenge」投稿画面

 始まりは3月26日。アイルランド2部に所属するコーブ・ランブラーズというクラブが公式ツイッター上で、「#Foot…」で始まるハッシュタグとともにエンブレムや競技場、観客、選手の4枚の画像を添付して投稿。国内外の4クラブに呼び掛けるようにしてつぶやいた。

 「試合がなくてもサポーターが楽しめるように、一つのタグを通して世界各国のクラブを知る取り組みを考えた」。そんなコーブの担当者のメッセージは、想像以上のスピードで世界中を駆け巡った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

サッカーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング