1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. Bリーグ
  5. 【遅咲きのビッグマン】Bリーグ伊藤俊亮の挑戦〈中〉 実業団 自らのスタイルを確立

【遅咲きのビッグマン】Bリーグ伊藤俊亮の挑戦〈中〉 実業団 自らのスタイルを確立

Bリーグ | 神奈川新聞 | 2017年4月19日(水) 12:20

千葉ジェッツで貴重な日本人センターとして活躍する伊藤(C)CHIBA JETS/TAKE-1
千葉ジェッツで貴重な日本人センターとして活躍する伊藤(C)CHIBA JETS/TAKE-1

カナロコスポーツ=佐藤 将人】駄目なら逃げるつもりだった。全国の猛者が集まる関東の大学リーグで、自分が通用するはずがないと。

 中大に進んだ伊藤俊亮を待っていたのは、「スター選手の先輩」だった。同じセンターとして中学から日本一を経験し、高校でも全日本選抜に選ばれた下地一明さん。中大入学後も活躍し、日本代表候補になっていた。

 雲の上の人は、だが、伊藤の入学前に大動脈の疾患で、競技引退を余儀なくされていた。そんな、自分とは正反対の道を歩んできた先輩が、なぜか目をかけてくれた。

 「自分のバスケと言ったら、ボールをもらってドリブルしてジャンプシュートを打つだけ。違うぞと。ビッグマンは足の使い方一つで、ゴール下に行ってシュートを打てると。一から教えてもらい、こんなバスケがあったのかと驚いた」

 何より夢を諦めざるを得なかった先輩から、競技に向かう気持ちを教わった。「下地さんがいなかったら、たぶんすぐに部活をやめていたと思う」。2年になると、試合で使ってもらえるようになった。偶然、学内の先輩、後輩に大型のセンターがいなかった。あらかじめ用意されていたように、スターターの座が不動のものになった。

 大学3年になった。就職活動が始まった。「不景気と就職氷河期で、自分より実績のある人が実業団チームに入れない。自分も就活サイトに登録したし、普通に就職するのかなと」。それが現実だと思っていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

Bリーグに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

バスケットボールに関するその他のニュース

アクセスランキング