1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. 横浜ビー・コルセアーズ
  5. 横浜が大阪破り、新監督の初陣飾る バスケ男子Bリーグ

横浜が大阪破り、新監督の初陣飾る バスケ男子Bリーグ

横浜ビー・コルセアーズ | 神奈川新聞 | 2020年2月2日(日) 05:00

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は1日、横浜国際プールなどで9試合が行われた。成績不振でトーマス・ウィスマン監督を解任し、新たに福田将吾アシスタントコーチが監督に昇格した中地区5位の横浜が75─70で西地区1位の大阪を破り、新体制での初陣を飾った。

 中地区1位の川崎は68-72で東地区2位のA東京に敗れた。

「チーム全員で得点を」

 西地区1位の強豪とのシーソーゲームを制し、横浜ブースターの歓声がホームコートを包み込んだ。記念すべき白星を手にした福田新監督は「ゲーム差は開きつつあるが、プレーオフ出場、チャンピオンシップを目指したい」と約束した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

Bリーグに関するその他のニュース

横浜ビー・コルセアーズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

バスケットボールに関するその他のニュース

アクセスランキング