1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 社会人野球
  5. JXと東芝が4強入り 社会人野球県春季大会

JXと東芝が4強入り 社会人野球県春季大会

社会人野球 | 神奈川新聞 | 2018年3月20日(火) 09:22

【JXーENEOS-横浜球友ク】3回裏JXーENEOS1死満塁。小豆澤が走者一掃の中越えの適時三塁打で6点目を挙げる=サーティーフォー保土ケ谷球場
【JXーENEOS-横浜球友ク】3回裏JXーENEOS1死満塁。小豆澤が走者一掃の中越えの適時三塁打で6点目を挙げる=サーティーフォー保土ケ谷球場

 社会人野球の県春季大会第4日は19日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準々決勝2試合を行い、JX-ENEOSが13-1で横浜球友クラブに五回コールド勝ちし、東芝は横浜中央クラブに7-0で七回コールド勝ちし、それぞれ準決勝進出を決めた。

 第5日は20日、サーティーフォー保土ケ谷球場で三菱日立パワーシステムズ-横浜金港クラブ、JX-ENEOS-東芝の準決勝2試合を行う。

◆新人小豆澤が勝負強さ
 「新戦力がチームに良い刺激を与えてくれている」。今季初戦を大勝で飾ったJX-ENEOSの山岡剛監督(34)は、上武大から加わった小豆澤をたたえた。

 ルーキーは「先発のうれしさを表現した」とリードオフマンとして3安打3打点。三回1死満塁で、走者一掃の三塁打と勝負強さを発揮した。

 170センチと小柄ながら50メートル6秒の俊足と強打が売りの遊撃手。大学では「同期の1番に島田(海吏、阪神)がいたので」と下位打線に甘んじながらも、関甲新リーグでMVPを受賞した逸材だ。

 JX-ENEOSではオープン戦から1番起用が続き、塩見泰隆(ヤクルト)が抜けた穴を頼もしくカバーしている。

 都市対抗大会優勝11度の名門が、2年連続で本大会出場を逃しているだけに戦力の底上げは急務。期待の新人が、チームの起爆剤となれるか。

社会人野球に関するその他のニュース

社会人野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング