1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 続いたミス、痛恨の初戦黒星 「何とか勝つしか」

9月21日・阪神戦
続いたミス、痛恨の初戦黒星 「何とか勝つしか」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年9月21日(月) 22:49

横浜DeNA3-5阪神

横浜DeNA
000 120 000|3
100 011 02X|5
阪神

【フルマーク】首位への挑戦権、機会を逸する?

国吉投手(資料写真)

 首位巨人への挑戦権をつかむラストチャンスを、自ら手放したかのように映った。1試合も落とせない2位阪神との3連戦。ベイスターズは手痛いミスが絡んで初戦を落とした。

 3─3の八回。3番手の国吉が誤算だった。

 先頭の大山に左前打を放たれると、続くボーアへの初球が高めに大きく抜けてしまう。捕逸で二進を許した直後、痛恨の勝ち越し打を浴びた。

 続く原口にも、国吉は相方が捕れないほどの大暴投としてしまう。結局犠飛で5点目を奪われ、万事休した。

 ラミレス監督は「彼もベストを尽くした。仕方ない」とかばったが、見過ごせない場面は他にもある。二回だ。内外野の間に落ちた打球を佐野が処理し、二塁へ素早く送球するも、打者木浪の走塁に気付かなかった柴田のタッチが遅れて二塁打になった。

 失点につながらなかったとはいえ、指揮官いわく「野球は流れのスポーツ」。敵地では特に、こうしたミスは流れの悪さに直結してしまう。

 2連敗。「これから何とか勝っていくしかない」と、いつも前向きなラミレス監督も元気がない。22日には2軍調整していた最年長36歳のロペスが昇格する。

 もはやトーナメント戦さながらにゲームに臨まなければならない崖っぷちのチームに今必要なのは、精神的支柱となり得る存在だ。

ラミちゃん☆ゲッツ 「簡単な試合ではなかった。甲子園は終盤に先頭打者を出すと、得点される雰囲気がある。京山は見れば見るほど良くなっている。ローテーションに入るのに遠くない位置にいる」

選手ひとこと

梶谷(五回に一時勝ち越しとなるタイムリー) 打ったのはスライダー。チャンスの場面だったので積極的に打ちにいった。何とかヒットになってくれて良かった。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング