1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 7点差許すも執念ドロー 六回、打者一巡の猛反撃

9月8日・阪神戦
7点差許すも執念ドロー 六回、打者一巡の猛反撃

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年9月9日(水) 00:35

横浜DeNA7―7阪神

阪神
402 010 000 0|7
000 007 000 0|7
横浜DeNA

 【評】横浜DeNAが0─7から引き分けに持ち込んだ。六回に佐野の3ランや大和の適時打など6長短打で7点を挙げた。坂本が5回7失点と乱れたが、救援陣が踏ん張った。阪神は大山の2発などで大量リードを奪いながら逃げ切れなかった。

【フルマーク】一戦必勝、打ち続けろ

 大量7点のビハインドにも必死で食らい付いた。打線は15年ぶりの5試合連続2桁安打。さらに救援6投手の零封リレーで今季5度目の引き分けに持ち込んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング