1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 大観衆に喜びと使命感 トップリーグ・三菱重工相模原

ラグビーW杯から1年
大観衆に喜びと使命感 トップリーグ・三菱重工相模原

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年9月20日(日) 12:01

12季ぶり復帰ながら格上相手に善戦を繰り広げた三菱重工相模原=2月のトップリーグ・東芝戦から

 初のW杯開催は空前のラグビー人気を呼び、国内リーグのありようも大きく変えた。今春、12季ぶりにトップリーグ(TL)を戦った三菱重工相模原の主将土佐誠(34)=関東学院大出身=は大観衆の前でプレーできる喜びをかみ締めながら、「一過性のブームにならないようにチャレンジしていきたい」と、来年1月開幕の新シーズンへ飛躍を期している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ラグビーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング