1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 連載
  4. 教室に行こう
  5. 県立横浜ひなたやま支援学校(横浜市瀬谷区)

教室に行こう
県立横浜ひなたやま支援学校(横浜市瀬谷区)

教室に行こう | 神奈川新聞 | 2020年8月3日(月) 17:00

思い込めた「声」届け
校内放送でDJ、テーマ決め台本作りも


息の合ったやり取りが大好評の3年生DJ(2019年撮影)
息の合ったやり取りが大好評の3年生DJ(2019年撮影)

 午後0時25分。軽快なディスクジョッキー(DJ)の声が校内に響く。

 「皆さん、こんにちは。おいしい給食、食べていますか?」

 約20分の生放送「FMよこラジ」が始まった。マイクの前に座るのは、県立横浜ひなたやま支援学校高等部3年生「チャレンジ・ラジオグループ」の生徒たちだ。

 生徒たちは、総合的な学習の時間の中で、自分たちでテーマを決めて、放送の台本を作っていく。

 当初は話し合いの進め方に戸惑っていたが、「好きなアニメの話をしたい」「季節にあった曲をかけよう」「後輩をゲストに呼ぼう」「それいいね!賛成!」などと共通する趣味の話題から、積極的に放送内容を相談するようになった。

 「電話で打ち合わせをしておいたから、すぐに練習できます」「家で台本を書いてきたので読んでください」


聞きやすい声の速さと大きさで放送する(2019年撮影)
聞きやすい声の速さと大きさで放送する(2019年撮影)

 活動への意欲が生徒たちの主体性を育んでいる。放送を聞いた他の生徒たちが「私たちも、クラスの仲間と放送をさせてください!」と、自作の原稿を用意するなど、生徒間のつながり作りや自己表現の機会にもなっている。

 生放送直前まで、台本の読み合わせや準備に余念がない。

 「合言葉のタイミングをそろえよう」「先生、セリフが終わったら、間を空けず曲を流してください」

 お願いするその表情は、程よい緊張感と自信に満ちている。

 「それでは、またお会いしましょう。またねー!」

 マイクのスイッチを切ると、DJは小さく息を吐いて、満足そうに頰を緩めた。「チャレンジ・ラジオグループ」の伝えたい思いを込めた放送は、給食の時間に彩りを添え、今日も生徒たちに届けられる。

さまざまな教室から、県教育委員会の指導主事や先生らで構成する「学び見守り隊」がリポート

神奈川県教育委員会では、他にも各校の取り組みを「元気な学校づくり通信『はにい』」で紹介。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/seitosidou/hanii.html

教室に行こうに関するその他のニュース

教室に行こうに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

連載に関するその他のニュース

アクセスランキング