1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 連載
  4. 村長日記(11) 公平な処遇に気苦労

【1964東京五輪】〜アーカイブズで振り返る神奈川〜
村長日記(11) 公平な処遇に気苦労

連載 | 神奈川新聞 | 2020年9月28日(月) 09:00

 1964年の東京五輪。神奈川には相模湖のカヌー選手村と大磯のヨット選手村が設けられた。神奈川新聞では両村長が日々の出来事をつづった「村長日記」が連載された。五輪イヤーの今年、当時の日付に合わせてこの連載を再び掲載します。海外旅行が一般的でなかった時代、世界各国の五輪選手を迎える緊張や戸惑い、喜びなど臨場感あふれる描写から、1964年と違うもの、変わらないものが見えてきます。

 現代の観点では不適切な表現もありますが、1964年当時の表現、表記をそのまま掲載しています。(※)で適宜編注を入れました。

練習に励むフランスの選手。左奥が相模湖漕艇場の本部庁舎、右奥が艇庫=1964年9月22日、相模湖町(現在の相模原市緑区)与瀬

仏選手から見舞い

相模湖選手村村長・松原五一

 運営事務室で朝の新聞に目を通していると通訳の安田さんが「フランスの選手がお会いしたいとのことです」と呼びにきた。

 「さてはいよいよ何かの要求をいいにきたのかな。いったいどんなことだろうか」と、内心ビクビクしながら上着をつけて出てみると、ドランサール監督とブードエン、シャピュイ両選手がトレーニング姿ながらきちんと威儀を正して私を待っていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

連載に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング