1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. カウンターとともに

時代の正体 差別のないまちへ 記者の視点=石橋学
カウンターとともに

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年9月19日(土) 09:00

レイシストと対峙し抗議の声を上げるカウンター市民ら=7月12日、JR川崎駅前

 差別扇動団体「日の丸街宣倶楽部」のヘイト街宣が20日、JR川崎駅前で開催される。あらゆる差別の禁止と根絶を掲げ、とりわけ被害が深刻なヘイトスピーチに刑事罰を科す「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」が全面施行となって2カ月半余。場所と日時が告知された街宣が繰り返されてしまうことになる。前回7月12日は市職員が演説の発言を記録し、条例に違反するヘイトスピーチがなかったかをチェックした。今回、それとは別に目を凝らしてほしいものがある。抗議の声を上げに集まるカウンター市民の姿である。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング