1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「うんこドリル」で防災ゲーム 横浜市などが開発

「うんこドリル」で防災ゲーム 横浜市などが開発

社会 | 神奈川新聞 | 2020年8月11日(火) 11:52

防災に関するクイズに2択で答えるゲームのスタート画面
防災に関するクイズに2択で答えるゲームのスタート画面

 横浜市は、人気の学習教材「うんこドリル」シリーズを発行する文響社(東京都港区)と、子ども向けの防災ゲームを開発した。同社の運営するウェブサイトで配信し、「地震編」と「台風編」の二つのジャンルからクイズを出題する。思わずクスリと笑ってしまう設問や選択肢も用意され、子どもたちが楽しく防災を学べる内容だ。

 昨秋の台風で横浜市内でも甚大な被害が出たことから、幅広い世代に防災に関心を持ってもらう方法を模索していた市危機管理室が、ベストセラーになった「うんこドリル」に着目。新型コロナウイルス感染症を考慮して自宅で楽しめるオンラインゲームを選び、市が災害への備えや避難時の注意点などのポイントを監修した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

防災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング