1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 公判に向けて(4) 「当たり前の風景」に

やまゆり園 事件考
公判に向けて(4) 「当たり前の風景」に

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月19日(木) 18:00

視覚障害者 荒木 俊彦さん 「一人一人にいろんな色がある“色鉛筆”だからこそ、世の中は生き生きしている」。視覚障害がある荒木俊彦さん(72)=逗子市=には、小学生からお年寄りまで街中で出会った多くの友人がいる。異なる人間同士笑い合い、できることを分け合って思いやる。そんな風景を当たり前にと願う。公判に…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング