1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「#住むなら泉区」インスタ発信 直通線開業でPR

「#住むなら泉区」インスタ発信 直通線開業でPR

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月13日(金) 05:00

泉区の公式アカウントで紹介された富士山の写真(同区提供)
泉区の公式アカウントで紹介された富士山の写真(同区提供)

 相鉄・JR直通線開業を機に、横浜市泉区がシティーセールスの強化に乗り出している。写真共有アプリ「インスタグラム」を活用して、相鉄いずみ野線沿線の魅力を発信。転入者や定住者の増加につなげる構想を思い描いており、14日からは投稿を促すためのキャンペーンも始める。

 区は昨年10月末、インスタグラムの公式アカウントの運用を始めた。区政推進課の職員が撮影した写真などを最低週1回、多い時には週3回程度投稿しており、今月11日までの投稿回数は130回超に上る。

 目的は、街の「ステキ」を発信して定住・転入促進に結び付けること。同課は「主に30代の子育て中の女性らへのPRを意識した」と狙いを語る。

 これまでに、街から見える富士山や区の花アヤメ、春には桜が咲き誇る地蔵原の水辺などを取り上げた。「水と緑が豊かなところが泉区の売り」と同課。12日現在のフォロワー数は約480人で、一般ユーザーによるハッシュタグ「#住むなら泉区」を付けた投稿も見られる。同課は「新たな連携が生まれている」と手応えを感じている。

 都心部へのアクセスが格段に向上した11月30日の直通線開業は、区にとって大きな追い風になった。さらに多くの一般ユーザーを巻き込むため、公式アカウント開設後初のキャンペーンを来年2月末まで実施。アカウントをフォローするか、フォローした上でハッシュタグ「#住むなら泉区」「#いいね泉区」を付けて投稿すると、抽選でデニムトートバッグなどが当たる。

 同課は「いろいろな視点で魅力を発信してもらいたい」とキャンペーンの効果に期待。「区民にも町に愛着を持ってもらい、定住に結びついていけば」としている。

 キャンペーンに関する問い合わせは、同課電話045(800)2337。

相鉄・JR直通に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング