1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 不登校中学生の保護者対象 海老名で進学情報交換会

不登校中学生の保護者対象 海老名で進学情報交換会

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月16日(水) 13:44

 不登校の中学生の保護者を対象とした高校進学に関する情報交換会が26日、海老名市立総合福祉会館(同市めぐみ町)で開かれる。市内を拠点に活動し、不登校の子どもとその保護者のための居場所支援に当たるボランティアグループ「ぼちぼち」(岩元由紀代表)が主催する。

 情報交換会では、県立5高校と県内外の私立7高校の教育内容を紹介。いずれも、実力を発揮できなかった子どもに学習意欲を高める取り組みを行うクリエーティブスクールや、時間帯を選んで学べるフレキシブルスクール、通信制などを取り入れている学校で、このうち数校については卒業生に体験談を話ってもらう。

 岩元代表は「不登校の子どもの保護者は、高校進学についてどこに相談したらよいか分からない。県や市に相談しても各校の詳しい情報までは得られない。海老名以外の人にも訪れてほしい」と呼び掛けている。

 午前10時から。参加無料。問い合わせは、岩元代表電話090(7197)5691。

教育に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング