1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ケリー被告無罪主張 ゴーン元会長報酬虚偽記載事件初公判

ケリー被告無罪主張 ゴーン元会長報酬虚偽記載事件初公判

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月16日(水) 05:00

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元側近の元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(64)は15日、東京地裁(下津健司裁判長)の初公判で「共謀に関与していない」と無罪を主張した。法人としての日産は起訴内容を認めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カルロス・ゴーンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング