1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎市立学校、97%がオンライン指導へ取り組み

新型コロナ
川崎市立学校、97%がオンライン指導へ取り組み

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月12日(土) 05:00

教室(イメージ)

 川崎市教育委員会の石井宏之教育次長は11日、新型コロナウイルス感染症を考慮し、市立学校175校の97%がオンライン指導に向けて取り組んでいると明らかにした。残る学校も予定しており、市教委は本年度中にオンラインでの指導内容を各校に示すという。

 同日開かれた市議会第5回定例会の本会議で、みらいの雨笠裕治氏の代表質問に答えた。

 石井教育次長は、市教委が調査した結果、9月3日現在、校内での試験運用を含め、169校がオンラインの活用に向けて取り組んでいると説明。一方、7月に各校を通じて各家庭の通信環境を調べたところ、3・8%が整っていなかったと答えた。

 感染症の今後の推移に備え、残る6校に対しても「速やかに学校を訪問し、オンライン指導の研修などを行っていく」と説明。通信環境が整っていない家庭には、11月末以降にモバイルルーターを貸し出すことを計画しているとした。

 オンラインでの指導内容については、先行する学校の事例を基に指導方法などを検討するという。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング