1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風被害1年 高波対策で護岸かさ上げ、ほぼ完了

台風被害1年 高波対策で護岸かさ上げ、ほぼ完了

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月10日(木) 10:38

高波に備えるため、高さ約3メートルにかさ上げされた護岸。手前には土のうが並ぶ=横浜市金沢区

 昨年9月9日に首都圏を直撃した台風15号で高波被害を受けた横浜市金沢区の福浦・幸浦地区で、市が進めていた護岸のかさ上げがおおむね完了した。高さが3メートルに引き上げられ、市は「同規模の台風が来襲しても高波に耐えられる」と強調。積み残している対策もあるため、大型土のうを積むなどの暫定対策を組み合わせ、今年の台風シーズンを乗り切る考えだ。

 市港湾局によると、護岸が改良されたのは福浦・幸浦地区の海岸線(延長約2・4キロメートル)。従来の高さは約0・9メートルだったが、2・1メートルほどかさ上げした。波消ブロックも一部を残して設置が完了している。

 15号が東京湾を通過する際に高波の直撃を受けた護岸は13カ所で被災。上部が崩れ落ちたり、本体がずれたりした。幸浦・福浦地区の産業団地が広範囲に浸水し、影響は3・9平方キロメートルに及んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

防災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング