1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 〝土砂崩落〟危険性を察知 相模原市消防が監視システム

〝土砂崩落〟危険性を察知 相模原市消防が監視システム

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月14日(月) 05:00

導入された監視システムの親機を操作する消防隊員=相模原市南区下溝

  土砂崩れなどの災害現場で地面の傾きを計測できる傾斜警報監視システムが、相模原市消防局に配備された。土砂崩落の危険性を迅速に察知することで二次災害を防ぎ、救助活動中の隊員の安全を守る狙い。昨年10月の台風19号の教訓を生かし、市がメーカーと共に独自で開発した。消防庁消防研究センターによると、同種のシステムの導入は全国の消防で初めてで、2日には初の実践的な訓練が市内で行われた。

 導入されたシステムでは斜面の0・1度の傾きを計測することができ、異常を感知すると警報が鳴る仕組み。センサーを内蔵した子機を各所に設置し、無線でつながれた親機で計測データを確認できる。

斜面の傾きを検知するセンサー

 台風19号では土砂崩れなどが発生し、市内で8人が死亡。夫婦2人が亡くなった土砂崩れ現場では二次災害を防止するため、7、8カ所にくいを打って樹脂製のテープを張り、張り具合の変化で斜面の傾きを隊員が監視していた。0・3度の傾きがあると崩落の恐れが高くなるが、目視での確認は難しかったという。メーカーと共同開発に乗り出した市は、昨年度に約700万円で購入し、5月に実証訓練を行っていた。

 今回行われたのは大規模な地震が発生し、土砂崩れによって家屋が倒壊したと想定した初の実践的訓練。各所にセンサーを設置し、安全を確認しながら被災者を救助する手順を確認した。土砂崩れだけではなく、建物倒壊現場での活用も期待できるという。

 市警防課の髙野幸治さんは「救助活動の安全を守るとともに、助けを求めている人の迅速な救助につなげたい」と話していた。

防災に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング