1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 新教育棟が完成 研究室や展示室充実 三崎臨海実験所

新教育棟が完成 研究室や展示室充実 三崎臨海実験所

話題 | 神奈川新聞 | 2020年9月13日(日) 05:00

老朽化の2施設解体

生きた海洋生物や貴重な資料、標本を紹介する展示室

 「東京大学大学院理学系研究科付属臨海実験所」(三崎臨海実験所、三浦市三崎町小網代)に今夏、新教育棟が完成した。地域に残る歴史的建造物として存在感を放った旧本館と水族室標本展示室は、老朽化で惜しまれつつ解体。真新しい後継施設で、三崎周辺の豊富な海洋生物の研究がさらに進むことが期待される。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

研究に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング