1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 20年ぶり新人対決の様相 民間出身か行政出身か

箱根町長選
20年ぶり新人対決の様相 民間出身か行政出身か

選挙 | 神奈川新聞 | 2020年9月25日(金) 05:00

 任期満了に伴う箱根町長選(10月20日告示、同25日投開票)は、投開票日まで1カ月に迫った。現時点で立候補を表明しているのは、いずれも新人で飲食店経営の田村洋一氏(55)と元副町長の勝俣浩行氏(66)=出馬表明順=の2人。現職の山口昇士町長(75)が不出馬を表明している中、20年ぶりに新人同士の争いとなる公算が大きい。

 両者とも新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている町内の観光業への支援や、災害対策を公約に掲げるが、民間と行政とそれぞれの違う立場から課題解決を図るとしている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

箱根町長選・箱根町議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング