1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 【菅流】(6)体得した「剛柔流」 忍耐力と平常心、今に

新首相の実像
【菅流】(6)体得した「剛柔流」 忍耐力と平常心、今に

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月26日(土) 05:00

法政大の剛柔流空手部で副主将を務めた菅氏(2列目中央)

 「政府の立場や見解を正確に発信する貴重な機会なので、しっかり準備し、丁寧に誠実に臨んできた」

 14日午前、首相官邸。官房長官として最後の定例会見に臨んだ菅義偉は、安倍政権のスポークスマンとして報道陣に向き合った7年8カ月を振り返った。

 淡々とした口調で失言が少なく、政府与党から「鉄壁」と評された危機管理の要。この日は「全てを発言せず、ある程度余裕を持って説明したのが良かった」と笑みを見せ、場数を踏んで培った極意に自信をのぞかせた。

 一方、首相(当時)を巡る疑惑への質問に「その指摘は当たらない」と決まり文句で突き放す冷徹ぶりには批判も強く、「会見はなかなか難しいとずっと思い続けている」とも述懐。3213回に達した記者会見への重圧をにじませた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング