1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「もっと何かができる」 横須賀支社長・有吉敏

菅首相誕生
「もっと何かができる」 横須賀支社長・有吉敏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月17日(木) 05:00

自民党新総裁に決まり、壇上で拍手に応える菅官房長官=14日午後3時37分、東京都内のホテル(共同)

 2000年3月8日、地下鉄日比谷線で大きな脱線衝突事故があった。亡くなった5人の1人が横浜市内から都内の男子高校に通う17歳。同校に同じ経路で通っていた菅義偉さんの息子さんの友人だった。

 当時、菅さんは国会議員1期生ながら衆院運輸委員会の理事を務めていた。「横浜の高校生死亡」の報に一時覚悟したという。「自分さえ良ければ」という思考がない人ゆえ、息子さんの無事を知っても表情はずっと厳しいままだ。

 そんな折、横浜市議の福田進さんから「菅ちゃんはどうしてる?」と私に電話があった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング