1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. IR整備に反対姿勢 合流新党、代表選立候補の2氏が来浜

IR考
IR整備に反対姿勢 合流新党、代表選立候補の2氏が来浜

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月10日(木) 05:00

横浜市がIRの立地を想定する横浜港・山下ふ頭を視察する立憲民主党の枝野代表(中央)=横浜市中区

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を巡り、立憲民主、国民民主両党などで結成する合流新党の代表選に立候補した立民の枝野幸男代表と国民の泉健太政調会長は9日、横浜市内の現場を訪れた。両氏はともに、政権が成長戦略の柱に掲げるIR整備事業に反対する考えを示した。

 枝野氏は同日午前、市が立地を想定する横浜港・山下ふ頭(同市中区)を視察。場所を移し、カジノに頼らない山下ふ頭の再開発を目指して設立された「横浜港ハーバーリゾート協会」の藤木幸夫会長や藤木幸吉副会長らと面談し、協会関係者から誘致に反対した経緯や代替案の説明も受けた。

 視察後、枝野氏は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング