1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. トップに聞く 「コロナ」でIR各社が計画見直し

横浜商工会議所副会頭 川本守彦・川本工業社長
トップに聞く 「コロナ」でIR各社が計画見直し

経済 | 神奈川新聞 | 2020年8月19日(水) 05:00

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を推進している横浜商工会議所。その中心的な役割を担い、副会頭として建設部会を所管する川本工業(横浜市中区)の川本守彦社長に両業界の現状と展望、新型コロナウイルスが与えた影響などを聞いた。


川本守彦・川本工業社長
川本守彦・川本工業社長

 ─建設業界の現状は。

 「緊急事態宣言でほとんどの現場が止まったが、今は稼働できている。だが、感染が再び広まる中でスタッフの検査が必要になり、作業を中断せざるを得ない事例が増えてきた。当社の場合は関係者全員の出勤停止措置を取り、陰性が判明してから再開している」

 ─コロナショックの影響は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜商工会議所に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング