1. ホーム
  2. 経済
  3. 起業という選択(2)至難 10年生存率は3%

起業という選択(2)至難 10年生存率は3%

経済 神奈川新聞  2020年03月26日 16:00

 英国南西部の田舎町。1時間に1、2本しか来ないバスの待合所で、秋山智洋(34)は老齢の紳士と親しくなった。留学期間が終わる頃、思い出づくりにと誘いを受けた。

 「この町で最高のレストランに連れて行くよ」

 向かった先は古びた彼の自宅だった。慣れない手つきで振る舞われたのは、国民料理のフィッシュアンドチップス。背伸びしない「おもてなし」は新鮮で、異国からの来訪者には心地よかった。

 帰り際に声を掛けられた。「地球の裏側に住む君と過ごした時間は格別だったよ」。満足げな笑みが印象に刻まれた。

 「これだ」。アイデアがひらめいた。

 訪日外国人客が立ち寄るスポットに狙いを定め、仕事終わりに通い詰めた。片っ端から声を掛けたアンケートは、3年間で1036人を数えた。

 浮かんだのは「日常体験」を求める訪日客の多さだった。「これをシニアの『生きがい』と結び付ければビジネスになる」。確信を得た。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする