1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 4・24開幕方針「調整スムーズに」 DeNA三原代表

4・24開幕方針「調整スムーズに」 DeNA三原代表

ベイスターズ 神奈川新聞  2020年03月24日 05:00

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会議が23日、東京都内で開かれ、感染症の専門家チームから公式戦の早期開催は現段階では非常に難しいとの提言を受けた。プロ野球は同日午後の12球団代表者会議で4月10日以降に延期していたセ、パ両リーグの開幕を先延ばしして4月24日開幕を目指すと決めた。

 プロ野球の開幕方針が決まり、複雑な思いを抱えていたベイスターズナインもようやく落ち着くだろう。


会見で話した横浜DeNAの三原球団代表=都内
会見で話した横浜DeNAの三原球団代表=都内

 モチベーションを保つのは難しかった。国吉は開幕が約2週間遅れた2011年の東日本大震災後を振り返り、「あの時は延期のゴールがあった。今回は開幕がいつになるか分からなくて調整が難しい」と困惑していた。

 選手の声を受け止めたセ・リーグ理事長の三原一晃球団代表は「開幕のスタートラインが決まらない苦労が聞こえてきた。一つの目盛りを付けると調整の仕方がスムーズにいく」と明かした。

 ただ、悩ましい声も上がる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする