1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 「新たに開設してない」 暴力団事務所を開設した総長逮捕

「新たに開設してない」 暴力団事務所を開設した総長逮捕

事件事故 神奈川新聞  2020年03月23日 20:45

 県警暴力団対策課と加賀町署などは23日、県暴力団排除条例違反の疑いで、秦野市元町、指定暴力団稲川会系総長で無職の男(70)と、自称小田原市本町2丁目、同組員の男(48)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀して昨年11月中旬ごろ~今年1月16日、家庭裁判所から200メートル以内の同市本町2丁目のビルで暴力団事務所を開設、運営した、としている。調べに対し、2人とも「新たに開設していない」と、容疑を否認しているという。

 同課によると、同ビルを事務所として使っていた稲川会系の別組織の幹部だった総長の男は2016年5月ごろ、破門された。復帰後、18年9月ごろに新たに組織を立ち上げ、組員の男を取締役とする会社名義で同ビルの売買契約を結んだという。


シェアする