1. ホーム
  2. カルチャー
  3. クラシック本場で演奏家が悲鳴


クラシック本場で演奏家が悲鳴

カルチャー 共同通信  2020年03月23日 19:36

 演奏するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(同楽団提供(C)Stephan Rabold・共同)
 演奏するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(同楽団提供(C)Stephan Rabold・共同)

 【ベルリン共同】クラシック音楽の本場ドイツで新型コロナウイルスの感染が急拡大し、フリーの演奏家が悲鳴を上げている。全国でコンサートが中止になった上に学校の休校が重なり、演奏や音楽の授業での稼ぎを突然断たれた演奏家の団体は「収入ゼロの危機的状況だ」と訴え、行政に緊急の資金援助を求めている。

 音楽団体「ドイツ音楽評議会」によると、国内のフリーの演奏家は5万人以上で、平均年収は約1万3千ユーロ(約150万円)。

 評議会会長でチェロ奏者でもあるベルリン芸術大のクリスティアン・ヘプナー名誉教授は「フリーの演奏家は今や貯金を崩すか家族の稼ぎに頼るしかない」と訴えた。


シェアする