1. ホーム
  2. 社会
  3. 裁判員、経験語る場を 事件の風化と再発防止へ

やまゆり園 事件考
裁判員、経験語る場を 事件の風化と再発防止へ

社会 神奈川新聞  2020年03月21日 05:00

判決公判を終え会見する裁判員=16日午後、横浜市中区
判決公判を終え会見する裁判員=16日午後、横浜市中区

 「参加できて良い経験になった」-。津久井やまゆり園事件の公判で植松聖被告(30)が振りかざした差別思想と向き合ってきた裁判員は、判決後の会見で口をそろえた。共生社会を考えるきっかけとして、司法を身近に感じる機会として、理由はそれぞれだ。だが、巡らせた思いを廷外で公に語る場はほぼない。社会に重いテーマを突き付けた事件の風化と再発をどう防ぐのか、専門家は「裁判員経験者が果たす役割は大きい」と提起する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする