1. ホーム
  2. 照明灯
  3. 「儀式のよう」 津久井やまゆり園事件公判

照明灯
「儀式のよう」 津久井やまゆり園事件公判

照明灯 神奈川新聞  2020年03月18日 10:00

何ら明らかにならぬまま、一つの結論へと、ただ粛々と進む儀式のようであった。津久井やまゆり園事件の公判である ▼被告はなぜ障害者への差別意識を抱き、事件に及んだのか。教訓となり得る核心は究明されず、審理は刑事責任能力にとどまった。極刑判決が自明のように進行し、時に「国家による殺人」と形容される死刑制...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする