1. ホーム
  2. 社説
  3. 脱炭素目指す川崎 自治体の取り組み期待

社説
脱炭素目指す川崎 自治体の取り組み期待

社説 神奈川新聞  2020年03月02日 09:00

川崎市は、2050年までにCO2の排出実質ゼロ、再生可能エネルギーへの100%転換を目指す。今年秋には目指す将来像とその実現に向けた新戦略を示す方針だ。 昨年、世界は地球温暖化の影響とみられる異常気象に見舞われた。欧州の熱波、オーストラリアの山火事、日本でも台風15、19号で深刻な風水害を受けた...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする