1. ホーム
  2. 社説
  3. 検察への人事介入 「禁じ手」は破綻を招く

社説
検察への人事介入 「禁じ手」は破綻を招く

社説 神奈川新聞  2020年02月23日 09:25

安倍政権がまた一つ悪(あ)しき前例を残した。黒川弘務東京高検検事長(63)の半年間の定年延長を閣議決定した。歴代の政権は良心と見識に従い、検察の「政治からの独立」を守ってきた。その原理原則を覆す「禁じ手」である。 検察庁法は検察トップである検事総長の定年を65歳、それ以外の検察官を63歳と定めて...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする