1. ホーム
  2. 社会
  3. 【分析と解説】国語:平易でも多い文章量

2020年度公立高校入試
【分析と解説】国語:平易でも多い文章量

社会 神奈川新聞  2020年02月14日 22:04

総出題数は30題。大問ごとの出題数も2019年度と同数。出題形式や解答方法も同様で、傾向は安定している。 問一は漢字・文法・短歌の鑑賞。漢字の書きは近年と変化なく記号選択問題で、熟語の表現が身に付いていれば解答は容易。文法は助詞「が」の識別で平易。短歌の問題は、短歌に詠まれた情景描写を丁寧に読み...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする