1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 業者「市職員から指示」 相模原市、土地評価不正操作で

土地区画整理問題
業者「市職員から指示」 相模原市、土地評価不正操作で

政治行政 神奈川新聞  2020年02月14日 05:00

土地区画整理事業の再検証結果を報告する相模原市の本村市長=市議会全員協議会
土地区画整理事業の再検証結果を報告する相模原市の本村市長=市議会全員協議会

 産業廃棄物の埋設や土地評価基準の不正操作など問題が相次ぐ相模原市の土地区画整理事業で、市の調査に対し、委託業者が不正操作について「市職員からの指示があった」と証言していたことが13日、分かった。一方、関与したと答える職員や元職員はおらず、本村賢太郎市長は全容を解明するため、前市長を含む元幹部職員に聞き取り調査を行う考えを示した。

 市が同日、事業の再検証結果を市議会全員協議会で報告した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする