1. ホーム
  2. 社説
  3. 川崎市予算案 指針に沿う財政運営を

社説
川崎市予算案 指針に沿う財政運営を

社説 神奈川新聞  2020年02月11日 09:25

川崎市が2020年度の当初予算案を発表した。「どこよりも子育てしやすいまち」を掲げる福田紀彦市長の考えを反映し、質の高い保育、幼児教育の推進など、引き続き子育て分野に手厚く配分された。 子育て世帯の流入が多く、それが市税収入の堅調な伸びに示されているが、保育事業費は年々増え、扶助費は初の2千億円...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする