1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜M、波乱のシーズン幕開け PK戦で力尽きる

ゼロックス杯
横浜M、波乱のシーズン幕開け PK戦で力尽きる

スポーツ 神奈川新聞  2020年02月08日 23:25

神戸 3-3 横浜M
(前 2-1 |後 1-2)
PK 3-2

【コーナーキック】最後は元守護神・飯倉の壁


初優勝を喜ぶ神戸イレブンを、厳しい表情で見つめる横浜Mイレブン(奥)=埼玉
初優勝を喜ぶ神戸イレブンを、厳しい表情で見つめる横浜Mイレブン(奥)=埼玉

 激しい打ち合いの末に迎えたPK戦。相手ゴールに立ちはだかったのは、昨夏まで通算13年半にわたって横浜Mでプレーしたベテラン飯倉だった。

 手の内を知る元守護神と対峙(たいじ)し、さぞ蹴りにくかったことだろう。「向こうも笑ってたけれど、精神的な優位はあった。ちょっとしたゲーム感覚だよね。PKになった瞬間、勝ったと思った」と飯倉は不敵にほほ笑む。両軍合わせて9人連続で失敗する大波乱の展開となり、最後に涙をのんだ。

 飯倉から守護神の座を奪った朴一圭にとっては、悔やみきれない一戦となった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする