1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 精鋭ランナー、郷土の誇り胸に かながわ駅伝9日号砲

精鋭ランナー、郷土の誇り胸に かながわ駅伝9日号砲

スポーツ 神奈川新聞  2020年02月08日 13:00

前回大会は川崎市が4年ぶりの優勝を果たした=2019年2月、県立相模湖公園
前回大会は川崎市が4年ぶりの優勝を果たした=2019年2月、県立相模湖公園

 第74回市町村対抗かながわ駅伝競走大会(県、神奈川陸上競技協会など主催)は9日、秦野市カルチャーパークから相模原市緑区の県立相模湖公園までの7区間(51・5キロ)で行われる。県内30市町から精鋭が集結。東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)や全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)などで名をはせたトップランナーをはじめ、中高生の有望株らが郷土の誇りを胸にたすきをつなぐ。スタートは午前9時。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする