1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 大型事業が一区切り、抑制的な支出に 大磯町予算案

大型事業が一区切り、抑制的な支出に 大磯町予算案

政治行政 神奈川新聞  2020年02月07日 05:00

大磯町は6日、2020年度当初予算案を発表した。下水道会計を公営企業会計とし、総額は2年連続200億円を突破。一般会計は過去最大規模となった19年度当初予算から一転、12%近いマイナス編成とした。大型事業が一区切りついたことが要因とされる。 歳入は町民税が700万円増額となる一方、地価下落が響き...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする