1. ホーム
  2. 社会
  3. 豪雨、地震ない中… 「リスク各所に」と専門家 逗子崩落

豪雨、地震ない中… 「リスク各所に」と専門家 逗子崩落

社会 神奈川新聞  2020年02月05日 22:20

えぐれて土肌がむき出しになった斜面=5日午前11時35分、逗子市池子2丁目
えぐれて土肌がむき出しになった斜面=5日午前11時35分、逗子市池子2丁目

 通行中の女子生徒(18)が巻き込まれた逗子市池子の斜面崩落は、豪雨や地震といった直接的な原因がない中で起きた。現場は危険な崖地から指定される「土砂災害警戒区域」に含まれていたが、県が対策工事を行う「急傾斜地崩壊危険区域」ではなかった。専門家は「同じような斜面は各地にあり、崩落が起きることも珍しくないのが現状」と警鐘を鳴らす。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする