1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 将棋のはなし(143)大満足の一日

日本将棋連盟指導棋士五段、本紙将棋担当記者
将棋のはなし(143)大満足の一日

カルチャー 神奈川新聞  2020年02月05日 10:46


【2020年2月2日紙面掲載】

 将棋欄まで使って紹介してきた囲碁・将棋・オセロの3種競技、第5回トライボーディアン日本選手権。私は自己記録に1勝上積みし、11勝7敗で8位入賞となった。

 苦戦続きだった将棋の全勝は運が良かったとしかいいようがない。全体的にレベルが上がってきていることを肌で感じた。次はそろそろ負けそうな気がしてならない。

 オセロの5勝1敗は上出来。今はこの競技が楽しくて仕方ない。ますますのめり込みそうだ。

 囲碁の全敗は想定通り。でも当たりは悪くなかったようで、3人もの相手に「まさか囲碁で1勝できると思わなかった」と言われてしまった。

 皆、敗者の目の前で満面の笑みを見せるほどうれしかったようだ。無残な成績だったけど、人を喜ばせたのだから徳を積んだと思いたい。というより、そうでも思わないとやってられない。

 本大会はマイナビ主催。参加費無料で参加賞に将棋の本をもらい、8位で商品券もいただき大満足の一日となった。

 さらに後日、種目別全勝賞でパソコンソフト「入神の囲碁」までちょうだいしてしまった。「囲碁AIの最高峰」が入っているそうで、次回への鍛錬にぴったり。早速打ってみたが、ソフトを最低レベルに設定してもほとんど勝てないのが誤算だった。うーん、絶対に負けてくれる「接待モード」とかないのかな。

 最後に報告。11勝したことで、トライボーディアン協会の規定により昇段を果たしました。


シェアする